みょうがとしょうがの見分け方!味やカロリー、旬な時期の違いは?

                         しょうがの画像

食欲をそそる香味野菜は色々ありますが、

名前がとても似ている
”みょうが””しょうが”

爽やかな香りにシャキシャキとした
歯ごたえが魅力の”みょうが”

幅広い料理に登場し程よい辛みと
香りが魅力の”しょうが”

この2つの本当の違いってご存知ですか?

今日はこのみょうがとしょうがについて詳しくご紹介しましょう。

 Sponsored Links


みょうがとしょうがの違いは?その見分け方は?

みょうがとしょうがは
食用になる部分が違います

みょうがは花蕾を食べるもので、
しょうがは根茎を食べます。

ただ、家庭菜園でお庭に植えたものや、
もらってきた根がどっちなのか!?

さっぱりわからないほどそっくりです。

 

根と葉だけ見てみるとどちらも似ていますが、

葉と茎だけの見分け方
”茎の高さ”である程度、判断が出来ます。

根から折れやすく1mを越すのがみょうが

しょうが50cm程度にしかならず、
背が高いか低いかで判断出来ます。

 Sponsored Links

みょうがとしょうがの味や栄養、カロリーの違いは?

どちらもショウガ科ショウガ属の植物で、
古く日本に一緒に海を渡って持ち込まれ、

香りの強い方『兄香(セウカ)=しょうが』

香りが弱い方『妹香(メウカ)=みょうが』

と呼ばれていたほど。

日本では香味野菜として
古くから食べられて来ています。

 

それぞれの味の違いは、
みょうがはしょうがほどは香りは強くなく、

どちらかといえば食感と
ふんわりと鼻を抜ける香りを楽しむもの。

みょうがの栄養や効能!食べ過ぎはバカになる!?

しょうがは強い香りと風味で
料理の味のアクセントや千切りやすりおろし

多少辛みを含んでいます。

どちらも薬味以外にも漬物などでも楽しめます。

 

みょうがのカロリーは100gで12kcal
しょうがは100gで30.1kcal

それぞれに含まれる成分は、
カリウムで体内の余分な塩分を排出し、

水分調整をはかりむくみなどの予防に働き、
微量ながらマグネシウムカルシウムを含みます。

 

みょうがは香り成分”アルファピネン”を含み

これはヒノキの香りにも含まれていますが、
血の巡りを良くしホルモンバランスを整えます。

しょうが”ショウガオール””ジンゲロール”といった

殺菌・抗酸化作用を含む成分を含み、
やはり体を温め血の巡りが良くなり体を温めます。

みょうがとしょうがの旬な時期にも違いはあるの?

みょうがしょうがも現在はハウス栽培されていて
通年手に入るので旬を忘れてしまいがちですが、

地植えのみょうが夏~秋が旬、
軟化した偽茎である「みょうがたけ」はが旬です。

 

しょうがは、

・根しょうが
・新しょうが
・葉しょうが
・矢生しょうが

といった種類があり、

白色で茎との境などが紅色の新しょうが
6月頃~8月くらいが旬です

一般的な根しょうが9~10月です。

 

Sponsored Links

コメントを残す