らっきょうの栄養に隠された効果!食べ過ぎは注意!?塩分やカロリーは?

                         21cd7e32c19a91fcc72c19d207cfa71e_s

らっきょうはカレーの付け合わせ!

というイメージが強いですが、
実はとっても身体によいのはご存知ですか?

なんとなく身体にいいということは
知っていてもどういった効果があるのでしょうか?

今日はらっきょうが持つ効果に大注目してみましょう!

 Sponsored Links


らっきょうの栄養や効能に含まれる効果やカロリーは?

らっきょうと言えば、
通年らっきょう漬けは食べられますが、

本来は5月に旬を迎えて店先に並びます。

らっきょうに含まれている主な栄養成分は、

カリウムを含んでいる部分では
高血圧予防や老廃物の排泄を促す効果を持ちます。

らっきょうの栄養というよりも”薬効”の方が有名で
古くは「薬用植物」として中国から日本へ渡って来ました。

 

その薬効は硫化アリルの1種である
”アリシン”による疲労回復や滋養強壮。

さらに免疫力を高める働きや、ガン予防、

血行促進による冷え性の解消や
血栓予防と血の巡りに効果的としています。

 

他には多くの食物繊維が豊富で、
食物繊維といえば”ごぼう”

100gで5.7g含んでいますが、
らっきょうは同じ量で21gも含んでいます。

そしてあのらっきょう特有の香りには
食欲増進の効果も持っています。

なお、カロリーは100g=119kcalです。

 Sponsored Links

らっきょうの食べ過ぎでガスや腹痛になる!?

らっきょうを多く食べ過ぎたとき、
お腹が張ってガスが出る(出そう)

そんな経験はありませんか?

この原因は”硫化アリル”によるもの。

 

「らっきょう1つで屁80」
・・・なんてことわざがあるほどで、

硫化アリルと多くの食物繊維により
胃で消化されずに大腸まで進み、分解し、

炭酸ガスやメタンガスになるので
食べ過ぎるとお腹が張るのです

 

さらに整腸作用を持っているので
逆に腹痛と共にお腹を下す方もいらっしゃいます。

らっきょうの塩分はどれくらい?賞味期限は?

らっきょうの塩分といえば

らっきょう漬けに関してを言うと思いますが、
中には塩漬けにして保存されるご家庭も。

その塩分はご家庭の場合には解りかねますが、
例えば「お多福醸造のらっきょう酢」の場合は

100g当たりの塩分量は4.6gで、
ついで砂糖は44.5gとしています。

らっきょう酢の作り方!再利用や飲むことはできるの?

 

実際に漬け込んだ場合の塩分量は、
らっきょう100g(Mサイズ約17粒)で塩分が244g

としているので、
1度で多く食べ過ぎない様に注意は必要

塩分もですがどちらかといえば
糖分が気になる様な気がします。

らっきょうの簡単な漬け方!かりかりにするポイントは?
 

また、らっきょうは漬物にすることで
長期保存が出来ますが、

自家製の場合は保存料を含まないので
その賞味期限というものを定める事が難しいです。

冷暗所に置き、らっきょうを取り出す際に
雑菌などが入らない様にすれば

1年程度が目安としています。

 

Sponsored Links

コメントを残す