石鹸の洗髪効果で抜け毛やべたつきが!?フケの原因やリンスはするの?

                         石鹸の画像

石鹸での洗髪は髪にいいという反面、
洗わない方がいいという賛否両論!

一体、どっちがいいの?
・・・と思いますよね。

 

今回は石鹸で洗髪する効果や、
正しい方法などについてご紹介します。

 Sponsored Links


石鹸で洗髪の効果は?抜け毛やべたつきの心配はないの?

石鹸は歴史が古く安全な界面活性剤として
脂肪酸を使用した洗剤の1つです。

近年、石鹸で髪を洗うとよい!
・・・と取り入れている方が多いです。

実際に古くは使われていたのですから、
悪いものではないと私自身も思います。

 

その中で抜け毛べたつきが少なくなった!

・・・という良い効果を得ている方がいれば、
その逆もしかりです。

個人差というものは
どんなものでも付いて回りますが、

この答えにもその差によって違いがあります。

 

例えば、抜け毛やベタつきが減った!

という方は、体質から皮脂分泌が過剰で
頭皮が脂っぽい方に効果があると言われています。

逆に抜け毛やベタつきが増えた!

という方は本来、乾燥傾向であるところに石鹸で
皮脂を取り去ってしまった事によって頭皮が乾燥し、

体は乾燥すると皮脂を分泌するので
逆にベタつく様になります。

枕に抜け毛が!5~10本って多いの?

 

石鹸は環境に優しい反面、
比較的洗浄力の強いものなので、

髪を洗ってよくない結果である場合には
「自分に合っていなかった」というだけで、

石鹸自体が悪い訳ではありません。

メリットは髪や毛穴のシリコンを落とし、
生まれたての髪を取り戻す事が出来る!

という点では多いに納得です。

固形石鹸やボディーソープに殺菌効果はない?

 Sponsored Links

石鹸で洗髪したらフケが!?洗い方やリンスは使うの?

石鹸で髪を洗うと「フケが出る」という方も

先にお話した頭皮が本来乾燥傾向である方!
他に「石鹸カス」であることもあります。

石鹸の成分には水分のミネラルと結合して
最終的に石鹸カスになってしまう面は否めません。

 

その回避方法には「重曹」でアルカリ傾向になり、
石鹸カスを回避することができます。

ただし、この髪がアルカリ傾向になることは
本来髪が痛んでしまいます。

さらにその回避として、仕上げのリンスには
酸性である「クエン酸」を用いて中和させます

 

実際に美容室でも重曹は使っていなくても
アルカリイオン水で汚れや皮脂をすっきりと落として

仕上げには酸性水を使うなどといったケアをしています。

そして何よりこれまでのシャンプーもアルカリ性
リンスやトリートメントは酸性です。

シャンプー前にしっかりとブラッシングし、
石鹸をよく泡立てて重曹を少々プラス!

泡立てネットを使うと良いでしょう。

頭皮の乾燥によるフケに3つの対策!

 

石鹸で洗髪するときのおすすめの固形石鹸は?

石鹸と一口で言っても固形液体があります。
実際にはどちらを使ってもよいものだそうです。

おすすめとすれば、
肌が弱い方であれば無添加石鹸や純石鹸!

肌が丈夫な方でしたら
お気に入りのものを選ぶだけなので

これといって特化して
おすすめというとなかなか難しいです。

 

仕上げのクエン酸を湯に溶かして髪にかけたり
髪が長い方は洗面器などで髪を泳がせる様にしましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す