ヤクルトの効果には便秘やがんにもいい!?シロタ株の効果とは?

                         360114

1日数十円で健康に役立つヤクルトの効果!

古くからヤクルトは体にいいとされて来ましたが、
特定健康用食品としても認められている
ヤクルトの効果とはどの様なものでしょうか?

今回はヤクルトの持つ
優れた効果について注目してみましょう!!

 Sponsored Links


ヤクルトの成分に含まれるシロタ株の効能や効果は?

ヤクルトの効果の主成分であるシロタ株!

これはヤクルト創始者で医学博士である
代田稔氏(シロタミノル)が発見した乳酸菌で、

正しくは「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」と言います。

 

このシロタ株はに強く、

生きたまま腸まで届き悪玉菌を抑えるといった
作用を持つ素晴らしい乳酸菌の一種です。

シロタ株を一定量含む物に際して

体の生理学的機能に対して、
保険効果が科学的に証明されている事に対し、

「特定保健用食品(トクホ)」として認定しています

 

腸の中に常在している菌は、大まかに3種類

・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌

といった菌に分けられそれぞれが
よいバランスを持って保たなければなりません。

悪玉菌にも役割があるので
全滅ということは、まずあり得ないのです

 

腸内環境を善玉菌優勢になると
日和見菌は多い方と同じ働きを持つので

それにより腸内を整え免疫力を上げる!
といった効果を期待することが出来ます。

 Sponsored Links

ヤクルト400は便秘やインフルエンザ、癌にも効果がある!?

ヤクルトにも色々な種類がありますが、
最もシロタ株を多く含んでいるのが「ヤクルト400

実際にヤクルトでの実験では、

1日100億個以上のシロタ株を毎日摂取し、
4週間摂取し続けたことで腸内のビフィズス菌を3倍に上げ、

5週間続ける事で腸内有害物質「インディカン」が
4割減少したという結果が出ています。

 

インディカンは発がん性物質であるので、

抑える事が出来ればがんの発生リスクを
低下させることが期待できるという訳です。

こうした物質を抑える事で他にも免疫向上や
それにより風邪やインフルエンザ予防に!

腸内環境が整う=慢性的な便秘にもいい
・・・ということですね!

赤ちゃんにヤクルトはいつから?

ヤクルトは乳がんにも効果がある!?

ヤクルトの研究所では乳がん予防
シロタ株の研究が行われています。

レポートが実際公式サイトで読む事が出来るのですが、
シロタ株を含む乳製品の摂取頻度が

週4回以上でそれ以下の方の乳がんリスクを1とした場合に
0.65でありリスクを35%低減する結果が出ています。

 

さらにシロタ株と一緒に大豆イソフラボンを合わせて

1週間のうち4回以上摂取した人の方が
発生リスクが低い事が発表されています

大豆イソフラボンの過剰摂取は
乳がんリスクを高める!などと聞いていますが

シロタ株と一緒に摂取することは
リスクを低減させる効果が期待できる!

・・・といっても良さそうですね。

 

Sponsored Links

コメントを残す