ほうじ茶の栄養効果とカフェインは?妊婦や赤ちゃんに副作用はないの?

                         ほうじ茶の画像

色々種類があるお茶の中で
皆さんはどのお茶が好きですか?

緑茶や麦茶は特に親しみやすく
当たり前のように飲んでいますが、

お茶にも素晴らしい効能が
たくさん含まれているのです。

 

今回はほうじ茶の栄養や効果、ダイエットや
カフェインの含有量などについてみていきましょう。

 Sponsored Links


ほうじ茶の栄養や効能にはどんな効果があるの?

ほうじ茶の栄養の中で
最も注目すべき成分は「カテキン」です。

 

「カテキン」には
実に様々な効能が含まれており、

・発がん抑制作用
・抗酸化作用
・血中コレステロール低下作用
・血圧上昇抑制効果
・虫歯予防
・口臭予防

などがあります。

 

その他にも以下の成分が含まれています。

・カフェイン
覚醒作用・利尿作用

・ビタミンC
ストレス解消・風邪予防・美肌効果

・βカロチン
抗ガン作用

・ビタミンE
老化予防

・フラボノイド
血管壁強化

・フッ素
虫歯予防

ほうじ茶の効能は冷え性や殺菌効果も!緑茶からの作り方は?

 

ほうじ茶に含まれているビタミンCは熱に強く、
含有量はなんとレモンの5倍だそうです。

飲んだことがある方ならわかると思いますが、
ほうじ茶は独特な香りがあり

その香りを嗅ぐだけで
リラックス効果があると言われています。

これでもか!!というくらい、
ほうじ茶は効能を挙げだしたら
キリがない万能なお茶なのですね。

一番茶とは?二番茶や三番茶との違いは?

 Sponsored Links

ほうじ茶にはダイエット効果もある?

近年、生活習慣病を患っている人が急増しており、
日ごろの自身の健康や家族の健康状態に
神経を使っていませんか?

健康体を目指すことにおいて
食生活を正すことは必要不可欠です。

 

ダイエット効果を得るためにも
必要な成分は「カテキン」です。

先述の通り、ほうじ茶には
「カテキン」が豊富に含まれており、

ダイエットにも適していると言えるでしょう。

 

一度ついてしまうと落ちない厄介な脂肪ですが、
「カテキン」はその脂肪を燃焼してくれる
素晴らしい成分です。

より早く効果を発揮するためには
ほうじ茶を飲んで運動をし、脂肪の燃焼を促すとよい!

と言われています。

ほうじ茶のカフェイン含有量は?妊婦や赤ちゃんに副作用はないの?

妊娠前はカフェインなど
特に気にすることなく飲んでいた方も、

妊娠するとカフェインが入っているものは
極力避けたいと思うものです。

 

何故、妊娠中、授乳育児中はカフェイン
含まれているものを控えたほうが良いのか?

それは胎児の成長に必要なカルシウムが
カフェインによって流されてしまうからです

 

また妊娠中は特に鉄分不足になりがちで
貧血を引き起こす人が多く、

鉄分を積極的に摂っていきたい時期に
カフェインを摂取すると吸収を妨げられてしまいます。

最悪、発育障害や
胎児が死亡してしまうことがありますので、
気をつけなければなりません。

 

妊婦が1日にカフェインを摂取していい量は
100㎎程度と言われています。

ほうじ茶は1日に1~2杯なら
飲んでも問題はないそうですが、
飲み過ぎにはくれぐれも注意してください。

 

母乳は母親が食べたり飲んだりした
栄養を含んでおり、カフェインももちろん
母乳を介して赤ちゃんに届きます。

するとカフェインを摂取した赤ちゃん
不眠・不機嫌・興奮気味などの症状が出る場合があります。

しかし最近乳児や妊婦でも飲める
ノンカフェインのほうじ茶が販売されていますので、
飲むならそちらをおススメします!

 

Sponsored Links

コメントを残す