立夏とはどんな意味?その由来は?初夏との違いは時期!?

                         5643a921f617296583a37bcee8ffa0d0_s

日本は四季があって、
それぞれにとても素敵な言葉が付いています。

二十四節気という1年を24に分けて
それぞれに名称をつけたもので、

現代ではカレンダーや時候の挨拶としたり、
農作物の目安などにも使われています。

では、今回は多々ある中でも
立夏(りっか)」を取り上げてご紹介しましょう。

 Sponsored Links


立夏とはどんな意味?その由来は??

二十四節気の第7

四月節に属していて旧暦では
3月後半~4月前半を指していいます

どんな季節なのか?・・・というと、

現在では異常気象などにより若干異なり、
ピンと来ない場合もありますが、夏の訪れを感じられる季節

暦便覧では
「夏の立つがゆへなり」と記されている様です。

 

夏が立つ・・・それって?
と思いますよね。

脚が生えている訳でもないのに?・・・と。

よく「際立つ」とか「顔が立つ」「弁が立つ」などと
日本語には「~が立つ」という表現がありますね。

「香りが立ちます」とか。

 

「立夏」の場合は夏の気配、
なんとなく湿気を帯びた暑さを感じ、

陽射しは春よりも心無しか強さを増し
木々も緑を増して輝き、

春の穏やかさよりも夏に近い気候である

夏らしくなってきましたよ

という事から立夏の異称に
夏立つという言葉もあるほどです。

 

立春・立夏・立秋・立冬

これらはその季節の始まりです

 Sponsored Links

立夏の時期はいつからいつまで?

”立夏”は二十四節気に登場し、

その期間を5月5日頃~次の節気である
小満の前日5月50日頃までを指します

丁度ゴールデンウィーク中から
その後しばらく行楽シーズンの時期ですね!

 

この時期が季節をとする始まりであり、

この後、8月7日頃に迎える
立秋までが夏の期間としています。

蛙がケロケロと鳴き始める頃であり、
立夏は雑節である「八十八夜」の数日後

 

「夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る」
という歌がありますが、

若葉が美しく春以上に植物の生長や輝きが
増す季節で目にその緑が優しい季節であるなと感じます。

本州や南でも田植えの準備などが始まり
一層緑の多い時期でもあります。

 

立夏と初夏との違いは俳句で考えるとわかる!?

立夏を夏の始まりだとお話しました。

季節を表す言葉には意味は異なるけれど
見た感じはとても類似しているものが多いのです。

そこで季節といえば俳句和歌
これらの場合は旧暦で季語を使います。

 

旧暦と現在の新暦では1ヶ月程度のズレがあり、
夏は「初夏・仲夏・晩夏」と3つに分けます

初夏は旧暦4月、仲夏は旧暦5月
晩夏は旧暦6月を指します。

そうともなれば俳句や和歌では、
夏のはじまりがズレてくるのです。

立夏は5月5日頃~5月20日頃といいましたが、
旧暦では仲夏となります。

 

しかし現在では和歌や俳句を詠むという事は、

季節を捉えなければなりませんので、
旧暦ではなく新暦で捉えるのが主流の様です。

初夏は立夏から芒種の前日までの期間を言うので
5月5日~6月4日頃まで
と考えれば

今の季節と言葉の意味から
しっくりくるのではないでしょうか?

 

Sponsored Links

コメントを残す