ベーコンは生で食べるのは危険?大丈夫?加工法2種類の違い

                         8fd3f4c35ea59857248a7f64fb0084a7_s

ベーコンは焼いたりして
火を通してから食べる食材!

というのが一般的な意見ではないでしょうか?

しかし近頃、ベーコンは火を通さず
生で食べると美味しいという話も聞きます。

ベーコンを加熱しないで食べることに、
抵抗がある方も少なくないでしょう。

そこで今回はベーコンは本当にで食べられるのか?
についてご紹介します。

 Sponsored Links


ベーコンは生で食べられる?大丈夫なの?

ベーコンが生でも食べられるのか否かは
その製造法を見ることで検証することができます

原料が豚のバラ肉であるため生で食べて大丈夫なのか
心配になりますが、それを塩漬けにし、塩抜きをした後
燻製したものがベーコンの完成品になります。

スーパーなどで手に入るベーコンは、
このような形で燻製されているため、
そのまま食べることができるのです。

 

さらに生ベーコンと言われるベーコンがあります。

この製造法は塩漬けをした豚バラ肉を乾燥、熟成させており
燻製はしていない状態のものを言います。

市販のベーコンは見た目が生に見えますが、
厳密に言うとどちらのタイプも生ではないため、
そのまま生の状態つまり加熱しない状態で食べることができます。

 

ベーコンは火を通してから食べるもの!という一般的な思考は、
ベーコンは脂が多い加工食品であるため、
火を通すことで適度な脂が溶けだし美味しく食べることができることから
生まれたものなのかもしれません。

 Sponsored Links

ベーコンの加工法2種類の違い!寄生虫の心配などないの?

市販のベーコンを見ると、
加熱食肉製品非加熱食肉製品があります。

加熱食肉製品とは文字通り
工場で熱を加えられているものになります。

非加熱食肉製品とは
火を加えていないベーコンという事になります。

 

非加熱食肉製品は生のベーコンということになるのでは?
と不安になる方もいるかもしれませんが、
非加熱の場合は乾燥を強化し、日本の食品衛生法に基づいた
厳しい基準をクリアして作られています。

そのため加熱食肉製品でも非加熱食肉製品でも、
どちらも生の状態=そのまま食べられることになります

 

しかしベーコンを生の状態で食べる際、
豚肉の細菌や寄生虫などが心配だという方もいるでしょう。

より安心して食べたいという方は、
加熱食肉製品の表示されているベーコンを選ぶと
生でも安心して頂くことができます。

ベーコンを生で食べるおすすめレシピ

生ベーコンのコクを生かせるレシピをご紹介します。

生ベーコンの巻き物

玉ねぎバージョン
1.薄くスライスし水にさらしておいた
  玉ねぎ(適量)に生ベーコンを巻き付けます。

2.お好みでブラックペッパーとイタリアンドレッシングや
  マヨネーズなどお好みのものをかけたら完成です。

アボカドバージョン
1.くしぎりにしたアボカドに少しだけ塩コショウをし、
  生ベーコンを巻きます。

2.軽く塩コショウをふり完成です。

冷製トマトと生ベーコンのパスタ(2人分)

1.パスタ(100g)を表示の通り茹で水洗いし、
  氷水に5分程浸けたら水気をよくきっておきます。

2.パスタを茹でている間にトマト(1個)を食べやすい大きさにカットし、
  大葉(2枚)は細切りに生ベーコン(3枚)はひと口サイズに切っておきます。

3.パスタを盛り具材を散らしたら、ドレッシング
 (穀物酢:グレープシーズオイルを1:1の割合にしたもの)をかけて完成です。

お好みで、オリーブオイル・ローストガーリック・乾燥バジルなど
お好みのハーブ・粉チーズを加えるのもおすすめです。

 

ショルダーのような脂の少ないベーコンの場合は
そのまま食べても美味しいですが、
豚バラのベーコンは脂やベタツキが気になる方も多いかもしれません。

そのような場合はあっさりとした野菜を合わせて
生ベーコンのコクをプラスして食べるのがおすすめです。

Sponsored Links

コメントを残す