パスタに虫がわく原因は?虫がわかない保存方法と賞味期限

                         60220eff53f7e97757be54bd593d34ec_s

パスタ好きの方は多いのではないでしょうか?

様々な種類のソースが選べ、
自宅でも手軽に美味しく頂ける1品です。

しかし意外と消費するのに時間がかかり、
使い切る前に虫がわいてしまった!
・・・という経験をした方もいるのでは?

虫がわいてしまったパスタは食べられるのか?
なぜ虫がわいてしまうのか?

今回はパスタがわく原因と
正しい保存方法についてご紹介します。

 Sponsored Links


パスタの賞味期限ってどのくらいなの??

一般的な乾麺パスタは未開封の場合、
常温で3年程の賞味期限が設けられています。

メーカーによっては賞味期限が切れた後でも、
味が落ちるものの食すことに問題ないと案内をしているケースもあります。

また開封後の乾麺パスタも、
保存状態によっては孫の代まで食べられると言う
長期ストックが可能な食材です。

 

保存方法によって一生食べられる乾麺パスタ。

今後は処分する前に、
ぜひ保存状況をチェックし食べられるか確認してみましょう。

 Sponsored Links

パスタに虫が発生!その原因とは?食べれる??

開封前も開封後も賞味期限が長いパスタ。

保存状態によっては茶色いゴマの様な
がわいてしまうことがあります。

その虫の正体はタバコシバンムシ
小麦粉や乾麺に付く食品害虫です

 

この虫が発生する主な原因は湿気です。

湿気が多いところで、乾麺パスタにできた
カビを好んでわくと言われています。

このタバコシバンムシを1匹見つけた時は、
既に無数に発生しているため駆除は難しいです。

虫がわいてしまったら食べることはできないので、
全て処分する形になります。

 

さらに注意することはパスタに発生する虫は雑食のため、
近くに置いている他の食品もチェックする必要があります

未開封の乾麺パスタにも商品の製作過程で
混入したり虫の卵が付着してしまうことで、
虫が発生することがあるようです。

「開封前だから」とそのまま使う前に
念のため確認し虫がいた場合にはメーカーに連絡しましょう。

シャツなどについたソースの汚れのシミ抜き方法

虫を発生させず長期保存する方法は?

保存方法によっては3世代に渡る
長期的なストックが可能な乾麺パスタ。

虫をわかしてしまうと全て廃棄しなくてはなりません。

そこでご紹介したいのが、
虫を発生させないための保存方法です。

1.密閉容器に入れる
2.冷蔵庫に入れる

 

この2つのステップで、
開封後の乾麺パスタの長期保存が可能になります。

パスタボトルなどの専用の保存容器がない場合は、
パスタの袋を上手に活用して保存することも可能です。

ぜひお試しください!

Sponsored Links

コメントを残す