レタスが変色する原因と7つの防止方法!食べられるの?

                         d94747ca0894d69586fcdb0da8f240cc_s

暑い季節のさっぱりとした
サラダにも使いやすいレタス

皆様は保管方法を正しく行えているでしょうか?

すぐに赤くなってしまうレタスの
扱い方にお困りではありませんか?

今回はレタスの変色を防ぐ方法や
食感だけでも復活させる方法もご紹介していきますね。

 Sponsored Links


レタスが変色する原因とは?

レタスが赤色に変色する原因
劣化ではなくポリフェノールです。

ポリフェノールはほとんどの植物に存在する
苦味や色素の成分です。

リンゴやナスを切ってしばらく置いておくと
色が茶色しますよね?あれと同じです。

ビタミンCやビタミンEと同様に抗酸化作用が強く、
活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用があり、
動脈硬化など生活習慣病の予防に役立つ成分なのです。

 

さて、レタスが赤色に変色する
この反応を褐変と言います。

レタスに含まれるポリフェノール色素が空気に触れることで、
空気中の酸素によって酸化され褐色色素を持つ物質に変化します。

こうして空気に触れたところから褐変していくため、
ちぎった断面や外側から赤い部分が出てくる状態になります。

 Sponsored Links

変色したレタスは食べられるの?

さて、原因が分かったところで食べられるのか?

褐変は劣化ではないので捨ててしまいがちですが、
実は食べられます

見た目が気になる方は切り口の部分だけ
ちぎって食べたりソースなどで味付けをしてもよしです。

体に害になるような物質ではありません

 

注意しないといけないことは
赤みを放置すると黒くなってしまいます。

茶色や黒色への変色はカビが生えている可能性があるので、
食べないことをお勧めします。

腐ってドロドロになってしまったレタスも食べられませんし、
異臭がするのも腐っているサインです。

レタスに栄養はない!?含まれてる栄養やカロリーは?

レタスの変色防止する7つの方法

レタスの変色防止する方法をご紹介します。

1.なるべく早く食べる

生鮮食品ですので買ったらなるべく早めに
食べてしまうことが一番赤みが出ない方法となります。

レタスが日持ちする期間は、
・ちぎってしまったものは1~2日
・半分に切ってあるものは1週間程
・丸いままひとつは1~2週間程度

切った場合も丸々ひとつでも処理方法や保存方法で
長持ち具合は異なるので注意しましょう。

 

2.レタスナイフを使う

酸化する原因はレタスの切り口が
鉄などの金属に触れるためとも言われています。

これを解決するレタスナイフというものがあり、
アクリルなど金属ではない素材で作られたナイフです。

3.繊維に沿って切る

半分や1/4に切る場合、線維に沿って切ることによって、
細胞を壊しにくく赤みも出にくくなります。

 

4.空気に触れさせない

切ったり、ちぎった後、断面が酸化することによって
赤みが出てきてしまうなら酸素に触れさせなければよいのです。

そのためにラップと食塩水or酢水を準備しましょう。

少量の食塩を入れた水、
もしくは少量のお酢を入れた水で洗います。

その水につけてラップをしておくだけで、
酸素に触れることが少なくなり褐変を防ぐことができます。

もうひと手間かけられる方は水気をきって、
濡れた新聞紙等に包んで冷蔵保存するとより長持ちします。

 

5.丸々ひとつの芯をくりぬく

ひとつのレタスを保存する方法です。

買って来たら芯をくりぬいて
ラップやビニール袋で密封して保存しましょう。

レタスの芯を取り除くときは、
包丁ではなく手でちぎり取るようにしてください。

レタスの芯をくりぬいた部分に
濡らしたキッチンペーパーを詰めると長持ちしますよ。

 

6.つまようじを使う

レタスの芯につまようじを
3~4本くらい刺しておきましょう。

2週間程度持つらしいですよ。

 

7.小麦粉を使う

レタスの芯を少し切り、切った部分に
小麦粉をつけると3週間程度持つらしいです。

レタスの食感の復活方法は?

レタスが変色した部分を元に戻すことはできません

しかし食感がシャキシャキしてみずみずしさが
復活すれば新鮮な感じを醸し出すことができます。

その方法は50度のお湯
レタスを2~3分つけておくだけです

レタスを買ってきた時でもしなびてからでも、
お湯につけてから保存すると長持ちするそうです。

 

スーパーなどで販売しているレタスは、
葉の表面にある気孔を閉じて水分の蒸発を防いでいる状態です。

このレタスを50度のお湯に入れることによって、
閉じていたレタスの気孔が開き、
そこから水分をぐんぐんと取り込むのです。

 

Sponsored Links

コメントを残す