もやしの選び方と保存方法!冷蔵庫と冷凍で保存期間は変わる?

                         cea6bf150be553ba261d7efe4ee8a0af_s

もやしは傷むのが早く、
消費に困る方もいるのではないでしょうか?

数日冷蔵庫に入れておくと、
茶色くなったり、水分が出てしまっていたり、
長持ちさせるのが難しい食材でもあります。

しかし正しい方法でもやしを保存すると、
実は意外と長持ちさせることができます。

今回はもやしを長持ちさせるコツや保存方法をご紹介します。

 Sponsored Links


美味しいもやしの選び方のコツ

もやしは発芽中のいわゆる新芽のため、
細胞分裂を活発に行い成長している途中の野菜です。

それゆえ刺激に弱くとてもデリケートであり、
野菜の中でも賞味期限が短い食品なのです。

そこでスーパーなどで買う際は、
なるべく新鮮なもやしを買うことがポイントになります。

 

新鮮なもやしの見分け方は、

・芽や根っこが茶色になっていない
・茎が全体的に白く透明感があるもの

この2つがポイントです。

 Sponsored Links

冷蔵庫でのもやしの保存方法と保存期間

もやしのおすすめの保存方法は、
冷蔵庫を使った保存です。

もやしを買ってから3日以内に使う場合は、
袋に入った状態で冷蔵庫の温度が高い野菜室ではなく、
チルド室で保管しておきましょう。

 

安くてまとめ買いした場合の保存のコツは

1.生のまま保存する
タッパーなどの容器にもやしを入れ、
かぶるくらいの水に浸した状態で冷蔵庫で保存します。

2~3日に1回水を取り替えることで、
1週間以上保存期間を延ばすことができます。

ただし水に浸すことでビタミンCは溶け出てしまうため、
食感を大事にしたい場合の保存方法となります。

 

2.一回湯通してから保存する
細菌の繁殖を抑制させるためにサッと軽く湯通し、
水を切って密封容器に入れ冷蔵庫で保存します。

この方法での保存期間3~4日ほどとなります。
使う用途に合わせ保存してみてください。

もやしの冷凍保存方法と保存期間は?

もやしのシャキシャキした食感は失われてしまいますが、
保存期間を長期に延ばしたい場合、冷凍保存することが可能です。

1.袋のまま保存する場合
もやしの袋に穴を数か所開け、
平らにして急速冷凍しましょう。

使う時は解凍せず、
冷凍している状態で料理に使います。

 

2.一回湯通ししてから保存する
使いかけなどで袋を開封してしまった時などは、
サッと軽く湯通し水を切ってフリーザーに入れ冷凍庫で保存します。

一度火を通しているので使う時は
サッと火を通すだけで食べることができます。

冷凍保存の保存期間は約1ヶ月となります。

 

ただし冷凍してしまうと食感だけでなく、
もやしが水っぽくなってしまいます。

そのため、もやしそのものの素材を味わう料理には不向きですので、
炒め物や汁物などのしっかり味が付くものや
食感を気にしなくても良い料理に使うことがおすすめです。

 

Sponsored Links

コメントを残す