ポットの洗い方!色別の汚れの原因や簡単な洗い方や洗剤は?

                         153adf9702924cae3dc20f9e5ee24a93_s

手軽にお湯を沸かすことができる電気ポット
お手入れはどのようにしているでしょうか?

市販の洗剤を使わなくても
手軽に掃除ができたらいいな・・・と
考えている方も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は自宅にあるものを使った電気ポットの洗い方
汚れの種類と合わせてご紹介します。

 Sponsored Links


白や茶色など色別でポットの汚れの原因は違う?

電気ポットの内側の汚れには、
主に4つの色があります。

そこで色別に汚れの原因と
お手入れに適したアイテムをご紹介します。

 

・白い汚れ
電気ポットの中で一番多い汚れが白い汚れで、
カルシウムやカルキが固まった汚れです。

口にしても害はなく、アルカリ性の汚れのため
酸性のクエン酸・レモン汁・酢で洗うときれいにできます。

 

・黒い汚れ
ポット内の黒い汚れはお手入れをせずに使い続けることで、
白い汚れが熱で変色したものが多いです

白い汚れと同じように口にしても害はありませんが、
汚れが取りづらいため洗う時に
濃い目のクエン酸・レモン汁・酢に長めに浸ける必要があります。

 

・緑の汚れ
水道水の銅の成分により緑色に錆びた汚れが
電気ポットに付くことがあります。

体に入っても害はなく酸性の中でもクエン酸を使うことで、
ある程度の緑汚れは取ることが可能です。

 

・赤や茶の汚れ
ポットに付く赤や茶色の汚れは水道水の中に含まれている
ミネラル成分によるものです。

体内に入っても害はありませんが汚れを落とすのが難しく
無理に洗うとポットが錆びてしまうため、
クエン酸である程度汚れが落ちたら良しとしましょう。

 Sponsored Links

電気ポットの洗い方でおすすめは重曹や酢!?

それでは電気ポットの洗い方を3つご紹介します。

重曹とクエン酸を使った洗い方

1.電気ポットに水を入れます。
2.クエン酸(大1.5杯)、重曹(大2)をポットの中に入れます。
3.お湯を沸かします。
4.2~3時間ほど放置してゆすいだら完了です。

重曹がない場合はクエン酸だけで洗ってもキレイになります。

 

レモンを使った洗い方

クエン酸がない場合の代替としてレモンを絞るか、
市販のレモン果汁を使って洗うことも可能です。

1.電気ポットに水を入れます。
2.レモン果汁(大3)をポットの中に入れます。
3.お湯を沸かします。
4.2~3時間ほど放置し、ゆすいだら完了です。

 

酢を使った洗い方

クエン酸もレモン果汁もない場合、
家庭で常備されているでもポットを洗うことができます。

1.電気ポットに水を入れます。
2.酢(大3)をポットの中に入れます。
3.お湯を沸かします。
4.2~3時間ほど放置し、ゆすいだら完了です。

水垢にクエン酸スプレー!濃度は?

電気ポットの外側の洗い方

電気ポットの汚れは内側だけでなく、
外側も手垢などの皮脂汚れや雑菌がついてしまいます。

時間の経過とともに黒ずんできてしまうので、
ポットの外側も定期的に掃除をし清潔に使いましょう。

 

1.洗面器にぬるま湯をため、重曹(大2)を入れたら、
  ゴム手袋をした手でかき混ぜ重曹を溶かします。

2.ふきんをぬるま湯に浸してよく絞り、
  ポットの外側をきれいに拭き取ります。

3.細かい部分の汚れは歯ブラシを使って取り除きます。

4.汚れがとれたら水拭きをして乾拭きをしたら完了です。

 

2~3ヶ月に1回、ポットを掃除することで、
常にキレイな状態を保つことが可能です。

定期的にお手入れをしましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す