文化の日の意味!毎年晴れる!?その確率と同じ日の記念日は?

                         fdd07443b1b3b509769f63f23c3e4ee0_s

11月3日は文化の日。

毎年やってくる祝日の1つですが、
こどもの日や海の日と違って
意識している人は少ないのではないでしょうか?

文化の日って何を祝う日なのか?
いまいちその名前からはピンときませんね。

でも、文化の日は私たち日本人にとって
大事な意味が込められた日なんです。

文化の日の意味や由来を知れば、
過ごし方が変わるかもしれませんよ!

 Sponsored Links


文化の日の意味や起源の由来!憲法記念日との関係は?

文化の日は、1948年(昭和23年)に
公布・施行された祝日法で定められました。

自由と平和を愛し、文化を進めることが趣旨です。

ではなぜ11月3日になったのか?

それは、1946年(昭和21年)の11月3日に
日本国憲法が公布されたからです

日本国憲法は平和と文化を重視したものだったため、
この日が文化の日となりました。

 

11月3日は明治天皇の誕生日でもあり、
文化の日が施行される以前は明治節という祝日でした。

その後、明治節は廃止されてしまいますが、
憲法の公布がこの日されたことで再び祝日となりました。

 

「あれ?憲法記念日もあるよね?」
と思われた方も多いと思いますが、

文化の日は日本国憲法の公布

5月3日の憲法記念日は
日本国憲法が施行された日です。

同じ憲法にまつわる祝日ですが、
そこには公布・施行の違いがあるというわけですね。

憲法記念日の意味!建国記念日との違いは?

 Sponsored Links

文化の日は雨が降らないって本当?晴れの確立は?

文化の日は晴れる!
というジンクスがあるのはご存知ですか?

11月3日は晴れの確率が高いらしく、
これには特異日というのが関係しているようです。

特異日というのは、その日の前後の日と比べて高い確率で、
特定の気象状態(天気、気温、日照時間など)が現れる日のこと

 

11月3日もこの特異日とされていて、
晴れる確率が高いのだそう・・・。

この日以外にも、8月18日は猛暑の特異日。
9月12日は雨の特異日とされています。

では実際、文化の日はどのくらい晴れの確率が高いのか?
調べてみると、過去30年間での晴天率は約7割

かなり高い感じがしますが、
過去10年間でみると晴れは約5割

 

あれ?あんまり晴れてない?と思ってしまいますが、

これは地球温暖化などの影響で
気象が変化していることが原因のようです。

今年の文化の日は晴れるのか?晴れないのか?
どっちでしょうか?

文化の日に食べる献立ってあるの?

日本には節句に特定の食べ物を食べて
無病息災を祈る習慣があります。

例えば節分の恵方巻きがあります。

しかし、文化の日にはそういった
食べた方が良いとされる食べ物はありません

 

ですが、上で紹介したように
文化の日は明治天皇の誕生日が由来となっています。

明治時代は文明開化により
日本の文化が大きく変化した時代です。

外国の料理や食材が紹介されるなど、食文化も変化し
現在の食事のもとができたとされています。

 

もともと牛や豚など肉をあまり食べなかった日本ですが、
明治時代になって牛肉を食べることが広まり、
すきやきのお店ができたりもしました。

現在でも代表的なごちそうのすきやきですが、
文明開化によって生み出されたメニューだったんですね。

ユネスコの無形文化遺産として登録された
日本が世界に誇る和食も、
文化の日にふさわしい献立と言えそうです。

文化の日に行われるイベントや行事!同じ日付のこんな記念日も!

文化の日には、
「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という
趣旨に沿った行事がいろいろあります。

皇居では文化勲章の親授式が行われ、
文化庁主催の芸術祭もこの頃に開催されます

また、入館料が無料になる博物館があったり、
お祭りや体験イベントがあったりと、
文化に親しむ行事が様々催されます。

 

同じ日付の記念日には、

・まんがの日
・レコードの日
・文具の日

などがあり、いずれも文化に関係のあるものばかり。

調べてみると色々奥の深い文化の日。

今年はその由来や意味を考えながら
気になるイベントに参加してみるのも楽しそうですね!

 

Sponsored Links

コメントを残す