五月人形の飾り方!いつから飾る?兜や菖蒲を飾る場所は?

                         a1380_000125

男の子がいる家庭には
必ずあると思う五月人形

男の赤ちゃんが生まれ、
初めて節句を迎える初節句をお祝いします。

そのときに五月人形を飾りますよね。

五月人形には丈夫にたくましい男性に育つように!
という願いが込められているものです。

初めて節句を迎えるにあたり、この五月人形は
いつから飾るのか?場所は?飾り方は?

・・・など分からないことがでてきて
困ったという方は少なくないはずです。

そんな五月人形の飾り方をチェックしてみましょう。

 Sponsored Links


五月人形はいつから飾る?飾る場所は?

基本的には4月を過ぎたあたりから飾りだし、
5月中頃にはしまうそうです

特にいつまで!という決まりはなく、
1年中置いている家庭も少なからずあるようです。

なかには5月5日の
一夜限り飾るというのは縁起がよくない!

といった声もききますので、各家庭で期間を設けるか
一年中置いておくか話し合うといいかもしれませんね。

端午の節句と菖蒲の節句の起源の由来!

 

五月人形を飾る場所は、

格式の高い床の間が基本とされていますが
床の間がない家庭もあるかと思います。

その場合はリビングに飾っていいそうです。

 

代々受け継いでいったりする大事な五月人形なので、
色あせないように直射日光が当たらない場所に飾りましょう。

玄関はホコリや湿気にあたりやすい場所ですので避けましょう。

同様にキッチンや部屋の角も
傷んでしまう原因が多い場所なので避けてください

鯉のぼりを出す時期!何歳まであげるもの?

 Sponsored Links

五月人形の飾るときのポイントは敷物や櫃(ひつ)!?

五月人形の飾り方は、

・三段飾り
・平飾り
・ケース飾り
・収納飾り

と4つのスタイルがあります。

 

特に三段飾りは広いスペースが必要となってきます。

まだ、お子様が小さいうちは触りたがると
思いますので、ケース飾りを飾る

などそれぞれのニーズにそったお飾りを置きましょう。

 

いざ五月人形を組み立てるのは大変ですよね。

パーツもいろいろあるので、飾る場所の近くで
組み立てると出来上がったときに運ぶのが楽になります。

また方角には特に決まりがありませんので
自由な方角に置きましょう。

 

組み立ての際に気をつけたいのが、
直接素手で顔や金具に触れないことです

指の脂分が汚れやサビの原因に繋がるので
触る時は、手袋をするか綺麗な布などをあてましょう。

その他に、毛氈(もうせん)という緑色の敷物を
敷くと全体的に引き締まって見えます。

 

兜や鎧を入れておく櫃(ひつ)

飾りをより一層引き立てるような細工をしており
こだわりがあるようです。

五月人形と兜や太刀、菖蒲の飾り方は?

一番スペースを必要とする三段飾りは、
上段に鎧と兜がありその下にはお櫃があります。

中段には陣笠、陣太鼓、軍扇。

下段には
吹き流し、粽、瓶子、八足台、柏餅、鯉のぼりを置きます。

 

その他に、菖蒲(しょうぶ)と呼ばれるものがありますが、
これは飾ってもよいし入浴時に使うでもよいそうです。

飾る際は下段が好ましいと思います

そして入浴に使用すると、
菖蒲湯といわれ血行をよくする働きを持っています。

 

兜飾りの場合は平飾り
三段飾りに比べるとコンパクトとなっています。

お櫃の上に芯木をのせ袱紗を被せ、
その上に兜を置くと終わり
ですので、
簡単に組み立てることができます。

 

弓太刀の太刀
柄の部分が下に向いているのですが、

これは縁起を担ぐものですので
武器ではないからだそうです。

 

Sponsored Links

コメントを残す