七輪の使い方!火の起こし方から消し方・掃除のやり方は?

                         七輪のイラスト

焼き肉をしたり、魚を焼いたりと
様々な用途で大活躍する七輪

七輪を使って炭火焼にすると
いつもの食材が格段に美味しくなりますよね。

 

慣れている人なら火起こしから火加減調整、
そして後片付けまで安全に手際よくできますが、

炭火焼の場合、換気をよくしないと
一酸化炭素中毒の心配もあります。

そこで今回は七輪の使い方や火の起こし方、火加減調整
そして火の消し方などをみていきましょう。

 Sponsored Links


七輪の火の起こし方のコツは??

七輪といえばもちろん

最近は、ホームセンターなどで
わりと量が入っており、
値段も手頃な炭が多く販売されていますね。

火起こしはなんだか
ややこしそうなイメージがありますが、

簡単に火を起こせる火おこし器
なるものまで店頭に置いてあります!

 

炭の大きさは様々で中には大きなものもあります。

もし「火おこし器」に入らない場合は
小さく砕いてから詰めてガスコンロにかけます。
※カセットコンロは厳禁!

それから10~20分ほど経つと着火が完了です。

手軽な方法の一つですが、
火花が飛ぶ危険性がありますので
覗きこまないようにしましょう。

 

他にもガスバーナーで
直接、炭に火をつける方法があります。

炭が赤くなれば炭を追加していき
うちわで仰いでいきます。

火がつくまで多少時間がかかりますが、
この間は談笑したりとこれもまた
七輪ならではの楽しみ方といえます。

さんまの焼き方と時間!下処理のコツは?

七輪で火加減の調整はできるの?煙がスゴイときは?

火加減は調理をするにあたり
とても重要な部分です。

もちろん七輪でも火加減の調整が
可能ですのでご心配なく。

七輪の下部には
火力調整窓というものがあります。

 

閉める→火力が弱まる
開ける→火を強める

こういった仕組みになっており好みの
火加減に調整することができます。

 

焼きもので一番困るものといえばですね。

まだ何も焼いていないのに
煙がでているのならば炭に原因があり、

肉の種類によっては煙がたくさんでるなど、
煙がすごいのには何らかの原因があるのです。

 

対策としては

・状態が悪い炭は使用しない。
・脂を落とさない食材をチョイスする。
・脂が落ちる食材の次は野菜などの
 水分が落ちる食材を焼くなど交互に焼く。

などの方法で回避します。

 

また、家屋が密集しているベランダや庭などの
屋外であれば、事前にご近所さんに一声かけておきましょう。

締め切った室内での使用は絶対に禁止です!

 

炭火焼の煙は、一酸化炭素中毒の危険を伴いますが
食材を美味しくする役割もあります。

換気の良い場所で正しく使用しましょう。

 Sponsored Links

七輪の火の消し方や掃除方法!手入れは??

十分に楽しんだ後は炭の後片付けです。

まずは炭の処理ですが最も一般的な方法は
火消し壺にいれて保管するものです。

炭火は一度火がつくと次に使用する際
火が付きやすいですので、

保存がしやすく安全な火消し壺
使用されることをおすすめします。

 

その他に炭をトングなどで掴み
直接水につけて消化する方法もありますが、
次に使えるようにしっかりと乾燥させましょう。

七輪を冷ますには時間がかかりますが、
完全に冷めたのを確認してから中に溜まった灰を捨てます。

 

臭いや汚れが酷い場合は
固く絞った濡れ雑巾などで拭いて
掃除をしてもかまいませんが、

基本的には掃除はしなくてもよいそうです。

七輪に水をかけてしまうと脆くなってしまいますので、
水洗いはしないようにしましょう。

 

肉や魚、野菜などなんでも美味しく
調理できる優れものである七輪、

手頃な価格のものもありますので
是非、安全に使用してみてください!

 

Sponsored Links

コメントを残す