体脂肪率を落とす食事!下げるために知っておきたい4つの方法!

                         089205

体脂肪を落とすと考えると、
食事を制限しなくてはいけない・・・

と、我慢しなくてはいけない
イメージがありますよね?

でもそれはリバウンドの可能性がある
間違った方法かもしれません!!

そこで、体脂肪率を落とす
正しい食事の方法をご紹介します。

 Sponsored Links


1.体脂肪率を落とす食事は1日3食、必ず食べることから!

「体脂肪を落とす」と考えると
食事の量を減らすことを考えて、

1日2食にしたりする・・・

なんて方法をとった経験がある方も
多いのではないでしょうか?

でも、これはリバウンドしてしまうのでNGです!!

 

正しく痩せる為のカロリーを目安に、
必ず1日3食食べましょう。

平均摂取カロリーより
20落とすのが目安だそうです。

・男性 2300kcal ⇒ 1840kcal

・女性 1800kcal ⇒ 1440kcal

 Sponsored Links

2.食事のメニューはバランスよく摂ることが体脂肪率は下がる!

カロリーを減らしているのに減らない・・・
炭水化物を食べてないのに減らない・・・

それは食事の内容が
間違っている事が原因かもしれません!!

 

カロリーをただ減らしたり、
炭水化物を抜けばいいのではなく、

・炭水化物
・タンパク質
・脂肪

この3つをバランスよくとる事が重要です。
(脂肪を摂りすぎると元も子もないので注意!!)

 

そのバランスは・・・

炭水化物:タンパク質:脂肪 = 4:3:3

特に炭水化物とタンパク質のバランスが重要です!

 

このバランスにすることで、
血糖値を安定させてグルカゴンという
脂肪分解に大切なホルモンが分泌されます。

それにより、脂肪を燃焼しやすくなり
体脂肪が落ちる!!というわけです。

 

バランスよくおいしく食べて
脂肪燃焼出来るならいいですね。

合わせて運動や筋トレなどをすると
燃焼アップ、代謝もアップして
痩せやすいカラダになります!!

3.体脂肪率を下げるには食事の量にも注意!

食べる時間帯が遅くなるほど、
脂肪は蓄積しやすくなってしまいます。

つまり、朝より夜の方が
蓄積されやすいということです!!

 

総摂取カロリーが低くても、
遅い時間に沢山食べてしまうと
蓄積されやすいんですね。

一日の食事の量は

朝>昼>夜

にしていくことが重要になります。

 

朝ごはんを食べない方も多いですが、

体脂肪を落とす為には
朝しっかり食べる事が重要です!!


4.体脂肪率を落とす食事の基本は和食!

和食が体脂肪率を落とすのに
おすすめな理由は

一汁三菜
バランスが良いメニューにしやすい事。

さらに和食の主食である米は
腹持ちが良い事。

パンに比べタンパク質のバランスも良い事。

消化吸収に時間がかかるため
血糖値を長時間安定させてくれる事

 

総合的に和食が体脂肪を
下げるのにはベストなんです!!

例えば・・・

・ご飯
・わかめと豆腐の味噌汁
・焼き魚
・煮物
・酢の物

こんなメニューは
高たんぱく低カロリーでバランスが良いですよね。

 

ポイントは

・メインはたんぱく質と脂肪の
 供給源になる肉、魚

・副菜は食物繊維やビタミン、ミネラルを
 摂る為に野菜、海藻、キノコ類を中心に

・汁物はおかずで足りない栄養素を具材にする

 

満腹感がほしい時はこんにゃくなど

カロリーを増やさずに満腹感が
得られる食材を取り入れるのがおすすめです!

 

以上が体脂肪を落とす食事の方法です!!

ポイントを押さえて、
健康的に体脂肪を落としましょう!!

Sponsored Links

コメントを残す