ゆず湯に入る時期はいつ?赤ちゃんも大丈夫?肌が痛くなるのは?

                         000363

冬の寒いに時期に入るゆず湯
気持ちいいですよね。

江戸時代頃から始まった
この冬至に行われるこの習慣ですが、

運気を呼び込むために厄祓いをするための
禊として行われていました。

今回はそんなゆず湯に入る時期はいつ?
など由来と一緒にご紹介します。

 Sponsored Links


ゆず湯に入るようになった理由は?効果は?

ゆず湯に入れば、
風邪を引かないと言われており、
1年間の無病息災を願って行われます

ここまでこの習慣が一般的になっているのは、

柚子(ゆず)=融通

冬至(とうじ)=湯治

という語呂合わせがあったからかもしれませんね。

 

ただ、ゆず湯には血行の流れを良くする
血行促進効果が高いので、

冷え性・神経痛・腰痛などを
和らげる効果がありますので、
実際に風邪の予防に効果を発揮します。

ゆず湯の効能や効果!肌が痛くなる理由は?
 

また、柚子の果汁・果皮には、
お肌に良いビタミンC

柑橘系の中でもトップクラスと
いわれるほど入っています

 

柚子の独特の香りは、
精油(エッセンシャルオイル)から発されており、
爽やかで優しい香りがします。

この香り成分は、揮発性なので
お風呂に柚子を入れることにより、
リラックス効果をもたらします。

 

ゆず湯を家庭で楽しむ際には、
柚子を5~6個入れるのが一般的です。

後の掃除が大変になることがあるので、
ネットやガーゼに包んでいれるといいですね。

 Sponsored Links

ゆず湯に入る時期はいつ?

ゆず湯に入る時期は、
冬至だといわれています。

冬至とは、太陽の位置が
最も低くなる12月22日頃であり、
日照時間が最も短くなる日です。

 

ちなみに冬至のルーツは、
太陽の復活を祝うヨーロッパの祝祭と
キリストの生誕日が結びついたものと言われています。

温泉などでも、ゆず湯をしているところが
ありますが、平日でも混雑していることが
多いので、午前中に行くといいかもしれませんね。

 

赤ちゃんをゆず湯に入れてもいいの?肌が痛くなる原因は?

赤ちゃんの肌の厚みは
大人の1/2~1/3程度といわれています。

そのため、刺激に弱く、
肌が傷つきやすいものです。

 

柚子には、リモネンという成分が含まれており、
この成分に触れると皮膚が刺激され、
湿疹がでたり、肌にかゆみが出ることがあります

赤ちゃんは、個人差が多いですが、
おむつかぶれ等の肌トラブルが多い場合には、
充分に注意が必要です。

 

刺激の強い柚子ですが、ゆず湯に入った時に
肌がチクチクと痛んだり、赤くなったりする方は、

肌が敏感な方だといえますが、
これはアレルギーによるものではありません

 

症状が出た場合には、専門の皮膚科に行きましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す