すっぽん鍋の作り方!用意する材料や下処理、味付けは?

                         すっぽん鍋

今ではお取り寄せでも楽しむ事が
出来る様になったすっぽん

好きな方は、専門店で楽しまれていますが、
家庭で楽しむすっぽん鍋もまた格別です。

別名「まる鍋」ともいい、
関西地方のおいしい鍋料理の1つです。

 

家庭ですっぽん鍋を楽しむ場合、食べ方は?さばき方は?
どうしたらよいのでしょうか?

すっぽん鍋の作り方などご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


すっぽんのさばき方は?自分でもできるの?

すっぽんは生きた状態で手に入れないと
痛みがとても早く自宅でさばくことは難しいです

また、生きた状態でさばくため、
噛み付かれる危険性があります

 

すっぽんのさばき方は、
「四つおろし」「四つほどき」という方法で

お腹側から中心に割って、
前足・後ろ足と分けながらさばきます。

・爪
・甲羅
・胆のう
・膀胱

この4つ以外は全て食べる事が出来ます。

 

まず、首を落とした後、そこから血を取り、

あらかじめワインや酒を入れて置いたグラスに
受けると生き血をいただく事も出来ます。

次に甲羅と周囲にめぐってある柔らかい甲羅の部分
エンペラの境に一周包丁を入れて甲羅を外します。

 

甲羅を外したら、お尻の真ん中に包丁を入れ甲羅を切断、
続いて左右も真ん中に箇所に包丁を入れます。

臭みの強い膀胱(尿袋)は傷を付けずに外す必要があり、
包丁の刃先を使って先に切り取ります。

 

返して腹側の硬い部分を避けて包丁を入れ、
左右の切れ込みに達するので

そのまま二つに切り分けて内蔵などを取り外し、
メスであればはとっておきましょう。

なかなか難しいので
さばき済みのものを手に入れた方が賢明です

すっぽんの効能!旬な時期やカロリー、どんな味?

 Sponsored Links

すっぽん鍋の作り方!用意する材料や味付け、しめのおすすめは?

すっぽん鍋の作り方は、
主役であるすっぽんの下処理から行います。

状態によっても若干違いがありますが、
いずれにしてもさばいた後は同じ工程で行います。

 

ザルなどにすっぽんの肉を入れ、
上から熱湯をかけまわし、水道水で洗います。

こうすることで臭みの元になる血がきれいになり
おいしいすっぽん鍋になります。

具材は好みに寄りますが、しょうがねぎは入ります。
豆腐や他に白菜など一般的な鍋物と同様です。

 

は、基本醤油と日本酒、塩や出汁といった
シンプルな味付けでいただきます。

すっぽんからもおいしい出汁が出るので
それを活かした味付けがあう様ですね。

しめはやはりご飯を入れて、卵をふんわりと絡ませた
「すっぽん雑炊」がおすすめ!

おいしいすっぽんの出汁を余す事無く楽しめ、

専門料理店でも出されるしめのご馳走で、
他にもお餅やうどんなども合います。

 

すっぽん鍋に効能や効果は?

すっぽん鍋の効能は、

・身体を温める
・滋養強壮
・精力増進、
・精神安定
・悪玉コレステロールの減少

など健康にとてもよい効果を発揮します。

 

また、女性にうれしい効果としては

肌にハリを与え、特に甲羅の周辺にあるエンペラは、
ゼラチン質でコラーゲンが豊富なので
捨てずに食べたい部位です。

 

Sponsored Links

コメントを残す