失敗しないコインランドリーで羽毛布団の洗い方!洗剤や時間設定は?

                         コインランドリーの画像

羽毛布団を丸洗い!

コインランドリーで洗濯される方も
多いのではないでしょうか?

まだ、洗った事がないという方へ・・・

コインランドリーで羽毛布団を洗う場合の
失敗例や料金などご紹介します。

 Sponsored Links


羽毛布団をコインランドリーで洗う時の洗剤や乾燥など注意点は?

羽毛布団は水洗いをすると中の羽毛が痛むとされ、
干すだけにしているというのを耳にすることがあります。

羽毛布団を洗うと中の羽毛が偏ってしまいますが、

キルティング加工などは
比較的偏らずに洗う事ができるといいます。

区切られている様な加工がされていれば、
ひとまずクリアしていることになります。

 

また、ニトリの羽毛布団は家庭でも洗う事が出来るので、
コインランドリーでの洗濯も可能です。

洗剤は一般的な洗剤でも大丈夫ですが、
オシャレ着洗い用などを使うと安心です。

柔軟剤は乾燥機用を使います。

側生地が痛むと羽毛の飛び出しにもなるので
布団が入る大きめのネットに入れましょう。

 

洗濯時間も一般的な洗濯時間を設定し、
気になる様であれば弱水流手洗いコースに設定します。

乾燥は天日干しがおすすめですが、
乾燥機を使う場合には充分なサイズの乾燥機を選びます。

洗濯は約40~50分
乾燥は約1時間程度で終了します。

羽毛布団のお手入れ方法!干す間隔は?

 Sponsored Links

羽毛布団をコインランドリーやクリーニングに出すときの値段の違いは?

クリーニングに出すよりはコインランドリーで
洗濯したほうがリーズナブルに洗濯できます。

クリーニングの料金目安は
およそ10,000円くらいが平均で、

コインランドリーでの洗濯はおよそ500~800円位、
乾燥機は1時間の乾燥で800円ほど、

全部で1,300~1.600円が目安となります。

 

コインランドリーで乾燥までして、その後収納する場合には

部屋に広げて充分冷まし、1日ほどおいたら
収納ケースなどに入れてしまいましょう。

コインランドリーで洗えないものとしては、
側生地が痛んでいるもの。

 

クリーニング店でお願いする場合には、
ドライクリーニングはNG!

羽毛を痛める原因になるので水洗いを指定しますが
稀に水洗いの受け付けをしてくれないことも。

また、洗濯表示が薄く消えかかっていて読めないものや、
付いていない場合は受け付けてもらえません。

羽毛布団の選び方!表示ラベルのランクの違いは?

 

西川の高級羽毛布団などの場合は、

クリーニング方法が異なりますので
洗濯表示に従って洗ってもらうよう依頼します。



羽毛布団をコインランドリーで洗うときの失敗する原因!

コインランドリーで洗って失敗した!
という声は少なくありません。

コインランドリーに限ったことではありませんが、

そもそも羽毛の洗浄がしっかり行われていない
羽毛布団を水洗いしてしまったことで

本来の臭いが出て来てしまったり、ふんわりとした
風合いが消えてへたってしまうことがあります。

 

コインランドリーの乾燥機はドラム式がほとんどで、

ドラムの中で布団が回る事で羽毛にも
空気や動きが出て次第に元の様に膨らむのですが、

小さな乾燥機を選んでしまうと乾燥が不十分であったり、
ふんわりとした風合いが消えてしまうことがあります。

 

Sponsored Links

コメントを残す