煮干し のだしがらを使った3つの活用法!だしの取り方は?

                         8ba66566531ba0c0e4b6b0f090f62b43_s

和食の汁物や煮物などを作る時に欠かせないだし。

だしを取った煮干しのだしがらは
みなさんどのようにしているでしょうか?

煮干しにはEPAやDHAなどの栄養が豊富ですが、
骨や身にも栄養が含まれており、まるごと食べたい食材の1つなのです。

そこで今回は煮干しのだしがらの活用法を!

煮干しだしの取り方やだしがらの出ない
だしの作り方と合わせてご紹介します。

 Sponsored Links


煮干しのだしの取り方

煮干しを使ってだしを取ると聞くと面倒にも感じますが、
分量を覚えてしまえば2~3工程で作ることができます。

だしの取り方としては、
水出し煮出しの2通りがありますのでご紹介します。

 

水出し
雑味が出ないため
はらわたなどをとる手間がなく手軽にだしが作れます。

水出しでだしを作る場合は
煮干しの他に昆布やかつお節などを使用します。

 

1.麦茶ポットなどのポケットかだし用のパックなどに
  材料(20g)を入れ、水(1リットル)を入れます。

2.冷蔵庫で一晩置いたら完成です。
  ※保存期間は3日程度となりますので、
  使う量に合わせて作ることがおすすめです。

 

煮出し
シンプルな汁物に合う、
コクと濃い味わいのダシが出来上がります。

下準備としてえぐみや苦味が気になる方は、
頭と内臓を取り除いておきましょう。

 

1.鍋に水(1リットル)と
  煮干し(20g)を入れ30分以上浸します。

2.中火にかけ沸騰前に出てくるアクを取ったら弱火にし、
  5分煮出して火を止めます。

3.煮干しを取り出したら完成です。

 Sponsored Links

煮干しのだしがらの3つの活用方法

煮干しの骨などにも栄養が含まれているので、
だしがらも上手に活用して低脂肪のタンパク質やカルシウム、
鉄分を効率良く摂取したいものです。

そこで簡単にできる
煮干しのだしがらの活用レシピをご紹介します。

 

・佃煮

1.煮干しのだしがら(80g)をフライパンでから焼きし、
  好みのカリッと感になるまで水分をとばします。

2.フライパンの端にだしがらを寄せて少し傾けたら、
  空いたスペースに醤油・みりん(大2)、砂糖(大1~2)を入れ
  煮立たせトロミが出てきたらだしがらに絡めます。

3.絡めただしがらに、いりごま(大1)と
  かつお節(5g)を混ぜたら完成です。

 

・じゃがいもとだしがらのきんぴら(2人分)

1.じゃがいも(1個)の皮をむき細切りにします。

2.熱したフライパンにごま油(大1)を入れ、
  じゃがいもが透き通るまで強火で炒め、
  煮干しのだしがら(100g)を加えて2分程炒めます。

3.酒・砂糖(各大1.5)、醤油(大1)を入れ煮詰めたら、
  ごま(小2)をまぶして完成です。
  ※お好みで一味唐辛子をまぶしても美味しく頂けます。

 

・チーズ焼き

1.煮干しのだしがら(一掴み程度)をトースターのトレイに広げ、
  とろけるチーズ(好みの量)を乗せます。

2.チーズがとろけるまでトースターで焼き、
  塩コショウ(少々)かけたら完成です。

煮干しのだしがらを出さないだしの作り方

煮干しのだしがらも色々な方法で食べることができますが、
だしがらを出さずにだしとして摂取することもできます。

1.煮干しの頭とはらわたを手でちぎりながら取り除きます。
2.フライパンで弱火で乾煎りします。
3.ミルサーなどを使って細かく粉状にします。

 

この方法でこのまま料理に使うことができる
粉状のだしが出来上がります。

出来上がっただしは保存容器に入れ
冷蔵庫や冷凍庫で保管し早めに使い切りましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す