向寒の候の意味!使う時期はいつからいつまで?

                         ec31644def198d47dd24b7cdc2ce5d65_s

寒い季節のお便りに使う時候の挨拶。

どんな言葉があるのか調べてみるとたくさんあり、
どれを使ったらいいか分からない!

そんなことってありますよね?

時候の挨拶は季節ごとに細かい情景を
現したものなので数多くあって当たり前です。

今回は向寒の候について
意味を含めて取り上げたいと思います。

 Sponsored Links


向寒の候の読み方とその意味は?

向寒の候はこうかんのこうと読みます。

向寒だけなら季語になり、
今の季節を現しています。

 

向寒とは秋よりも寒い冬に向う時期を現し、
「冬の気配がする時期ですね」といった意味です

なおは他にも「折」や「みぎり」も
同じ意味になります。

 Sponsored Links

向寒の候を使う時期はいつからいつまで?

向寒の候とはいったいいつ頃の時期なのか?

俳句で欠かせない季語としては
11月に含まれています。

暦の上では冬を迎える立冬
現在では11月6日頃から使う事ができます。

 

ではいつまで使えるのか?

一般的には本格的に寒さが増して来る1月6日ごろ、
小寒を迎えるまでを目処にしています。

つまり11月上旬~翌年1月初旬まで用いる事ができます

 

ただし向寒以外にも同じ時期に使う
時候の挨拶は
他にもあります。

現代では「日に日に寒くなってく」という意味あいが強く、
主に使われるのは11月中~12月頃までが多い様です。

向寒の候に似てる?霜降の候と厳寒の候の違いは?

冬の時候の挨拶に使われる言葉にも、
同じ様な時期に使われるものが多くあります。

その中でも霜降の候厳寒の候など
時候の挨拶があります。

実際の気候とはズレがありますが、
霜降の候は二十四節気に明確に登場しており、
10月23日~11月5日頃まで。

ちなみに2016年東京で初霜が観測されたのは、
12月17日なのでなかなか使うのが難しいですね。

 

また厳寒の候は寒さが一番厳しい時期、
12月下旬~2月の節分あたりとしています。

最も冬の寒い時期は1月6日頃の小寒
寒の入りと呼ばれる時期です。

その次に迎える1月20日頃の大寒

そして寒の明けである2月3日頃の節分を迎え、
翌日には春の訪れである春分となります。

この期間まで使えるものとしています。

節分までに厄払いをする意味!

 

厳寒の候は小寒や寒の入りも
時候の挨拶に使う事が出来るので
暦と相談して使ってみましょう。

使うのが難しい時候の挨拶。

季節にあった色々な挨拶を覚えておくと
一歩できる大人になれるのではないでしょうか?

 

Sponsored Links

コメントを残す