電子レンジでカラッとサクサクした揚げ物の温め方!作ることもできる?

                         33c148867d4238378d1594d6ece289c0_s

温め直しに難しい揚げ物

残り物やお惣菜など出来れば揚げたてに近い
カラッとした食感やサクサクに温めたいもの。

しかし温めただけではそうはいかないものです。

また、油を多く使わずに電子レンジで
揚げ物が出来る方法もあります。

知っておくと超便利!

今回は電子レンジで出来る揚げ物の温め方や
調理についてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


揚げ物を電子レンジでカラッとサクサクに温め直しする方法は?

何かと手軽に料理を温める事が出来る電子レンジ
中でも揚げ物を温める場合は難しく思いませんか?

揚げ物といえばフライや天ぷらなど衣の違いはありますが、
「サクサク」「カラッ」と食感が大切になります。

そうした点で電子レンジでの温めは合わないのか?
答えはNoです。

 

しかし電子レンジで温めると、
多くはフニャっとした食感になってしまうことも・・・

これは電子レンジの特性と食材の関係性が原因!

食材の中心から温める事で水分が発生し、
その水分で衣をしんなりとさせてしまうのです。

では、トースターで温めればいいのでは?と思いますが、
トースターでは外だけ焼けて中が温まりません

 

つまり、レンジで温め・トースターで衣の水分を飛ばす
といった使い方がおすすめなのです。

 Sponsored Links

電子レンジだけで揚げ物を温める時に便利なシート!

電子レンジとトースターのW使用は
やはりちょっと手間な感じがする・・・

そんな場合、どんなもので温めれば
揚げ物を美味しく温められるのでしょうか?

そこで温めグッズを使うのも1つだと思います!

料理を温めるグッズはいろいろとありますが、
その料理に合わせたグッズを使うのがポイント

 

揚げ物の場合は水分が食感を悪くするため、
ラップはかけないで温めます

揚げ物から出る水分を吸収する
クッキングペーパー(耐熱用)を使って温めます。

他にも温め直しシートといったものもあり、
これもクッキングペーパー同様使い方ができます。

さらに加熱時間もあまり長くしないのがポイントです。

合わせてレンジのフライ温め機能を使う事で
よりおいしく温め直しが出来ます。

 

また、冷凍の揚げ物の場合は、
軽くレンジで内部を温めた状態を作ります

加えてフライ温め機能を使うことで
油っぽさを回避出来るといえます。

電子レンジで揚げ物が作れちゃう!?

電子レンジで揚げ物を作れると手軽にでき
多くの油を使わないので利便性があります

他にレンジ調理が出来ない冷凍からあげも
実際にはレンジ調理が出来る方法があります。

 

レンジで揚げ物を作る場合はフライか唐揚げ。
使うお皿の素材はセラミックが主流の様です。

蓋付きになっていてそこへ油を大さじ2~3杯程入れ、
蓋をしてからレンジで数分余熱。

その後に食材を入れ加熱。
出来れば加熱途中で一度返した方がよさそうです。

 

これは蓋部分にレンジのマイクロ波をカットし、
フライパンで加熱する様な効果があり加熱する仕組みの様です。

 

Sponsored Links

コメントを残す