片月見の意味!縁起が悪いと言われる由来や十五夜との関係は?

                         0abe36f8bf0ee02d1c7d36f5308986b8_s

片月見は縁起が悪い!

とはよく言ったものですが、
そもそも何が片月見なのでしょうか?

どんな意味や由来があるのか・・・

今回は片月見についてお知らせします。

 Sponsored Links


片月見の意味は?十五夜との関係は?

片月見とは、お月見を1回しかしない事を意味します

これだけ聞いても意味が分からないですよね。
ですので、まずはお月見について説明しましょう。

 

日本には昔からお月見をするのに
適した時期というものが2つありました。

それが十五夜十三夜です。

十五夜はご存じの方も多いと思いますが、
十三夜はあまり有名ではないお月見の名前ですね。

十五夜に月見団子を飾る由来!飾り方や積み方は?
 

別名、後の月として有名な
十三夜は十五夜の次に美しい月が
見れると昔から話題とされていました

 

十三夜と十五夜という名前を聞くと、
十三夜が先かと思われがちですが、
それは違います。

 

十五夜は旧暦の8月15日
十三夜は旧暦の9月13日のことです。

つまり、順番としては十五夜が先に来て、
十三夜が後にくるといったものです。

 

昔の日本人は、月を肴にお酒を飲んだり
旬の食べ物を、たしなんだりと
粋にお月見を楽しんでいたようです。

片月見は縁起が悪いと言われる由来は?

片月見とは十五夜、十三夜の
片方だけを見てしまうことを言います

十五夜と十三夜は二夜の月
言われる程にペアとして扱われた行事でした

 

縁起ごとを大事にする江戸の人間は、
片方のみ月見することを縁起が悪いと思っており、

その結果、片方だけしか月見をしないと
片月見と言われるようになったようです。

 

昔のお月見はかなり徹底されていたようで、
例えば家からやや離れた公園で
十五夜のお月見をした場合、

十三夜も、その公園の同じベンチで
お月見をしなければいけないという
暗黙の了解があったとか・・・。

 

中には、それならどっちも見なければ
片月見にはならない!

ということで折角の名月をどちらも見ずに
家に引きこもる人もいたそうです。

 Sponsored Links

十五夜、十三夜以外のお月見の日

十日夜(とおかんや)という名前の
お月見も日本には存在しています。

この日は旧暦で10月10日の事で、
稲作が盛んだった当時は
収穫祭にあたるお祭りの夜だったようです。

 

無事に稲の収穫が終わり、
一年田畑の豊作を見守ってくれた
田んぼの神さまが帰る日なのだそうです。

来年の豊作祈願もこめて、
この日は一日お祭り騒ぎだったそうです。

 

十日夜は、十五夜や十三夜の二夜の月とは
違うので片月見とは関係ないようです


 

最後に、2014年の二夜の月と
十日夜の日をお教えしますね。

旧暦と今の暦は大きく違っており、
現在の暦では毎年同じ日付にお月見はできません

 

2014年の十五夜は9月8日の月曜日です。

十三夜は、10月6日のこれまた月曜日です。

 

最後に十日夜!!

2014年は12月1日に見られるそうです。

実は、十日夜が12月に、
ずれこむことは割りと珍しいことです

この機会に珍しい12月の十日夜を
楽しんでみてはいかがですか?

Sponsored Links

コメントを残す