夏バテは食事で改善!予防する5つの栄養と簡単レシピ!

                         044895

暑さが本格的になってくると、
どんなに健康的な人でも気になってくる夏バテ

夏バテの原因は様々ですが、
水分不足や睡眠不足、暑さによる疲労などです。

その疲れからくる食欲不振で
栄養不足になってしまいます。

夏バテを防ぐためには、
どのような食事を心がければ良いのでしょうか?

 Sponsored Links


夏バテ予防に必要な栄養素と食事

夏バテから守る食事に
おすすめな栄養素は以下の通りです。

・ビタミンB1

体内でエネルギーを生成するために必要です。

ビタミンB1が不足すると、ブドウ糖がエネルギーではなく、
疲れを引き起こす乳酸になってしまいます。

 豚肉、ウナギ、豆腐、枝豆、ごま、落花生など

 

・アシリン

ビタミンB1の吸収を助けます。

 ニンニク、ネギ、にら、らっきょうなど

ニンニクの口臭に3つの予防!いつまで匂うの?

 

・クエン酸

体内にたまった乳酸を排出する役割があるため、
疲労回復を早めてくれます。

クエン酸と言えば酸味で、
酸味は食欲を促す効果もあります。

柑橘系の果物にも入っています。

 梅干、黒酢、グレープフルーツ、レモン、ミカンなど


 

・ビタミンC

体の抵抗力を強くします。

 緑黄色野菜、果物、緑茶など

 

・ムチン

ムチンはネバネバした成分のことを言います。

そのネバネバは胃の粘膜を保護し、
弱った胃を守ってくれます。

 納豆、長いも、おくら、モロヘイヤなど

 Sponsored Links

夏バテに効く食事!簡単レシピ!!

特に夏バテ予防に必要な栄養を補いつつ、
簡単に出来るレシピをいくつか紹介します。

 

・オクラとトマトのそうめん

食欲がなくても、そうめんなら食べやすいし、
緑黄色野菜であるトマトは
冷たくてさっぱりしているので、夏バテにも最適です。

7c75796ac95ef35a68cf82ac1eab0c9a

材料(2人分)

・そうめん…2把
・オクラ…4本
・トマト…1個
・めんつゆ…大さじ1~2 ☆
・ごま油…大さじ1~2 ☆

1.トマトをざく切りして、☆の調味料につけておく。

2.オクラは板ずりして、軽く茹で、薄く輪切りにする。

3.そうめんを茹で冷やしたら、つけておいたトマトとオクラをのせる。

4.めんつゆや、野菜をつける際に使用した☆の調味料をかける。

 

・豚とレタスの梅ダレ冷しゃぶ

ビタミンB1を豊富に含んでいる豚肉を、
クエン酸の代表の梅干でいただきます。

梅干の酸っぱさが、食欲をそそります。

img_534

材料(2人分)

・しゃぶしゃぶ用豚肉…170~200g
・レタス…1/2玉

タレの材料

・梅肉…大きめの梅干2個分 ☆
・長ネギ…20cm程度 ☆
・しょうゆ…大さじ2 ☆
・みりん…大さじ1 ☆
・ごま油…大さじ1 ☆
・白ゴマ…大さじ1 ☆

1.☆の材料をあわせタレを作る。
  長ネギはみじん切りにし、梅肉も細かく叩く。

2.レタスを数秒程茹でて、氷水に浸す。

3.豚肉を茹で、色が変わったらすぐにあげる。

4.豚肉にタレをかける。

 

どちらも、コンビニでも買えそうなメニューですよね。

出来合いのものに、一手間加えるだけでも、
夏バテ解消メニューは出来そうです。

 

子供や高齢者への夏バテ予防は?

子供やお年寄りは、特に体力の消耗が
激しいので夏バテ対策は必要です。

と言っても、特別なことはする必要はなく、
食べやすいものから栄養を摂取していくのが一番です。

 

香辛料が入った食べ物は食欲を増進してくれますが、
子供やお年寄りには不向きです。

チーズやヨーグルト、冷奴などは
特に夏バテ時期でも食べやすいかもしれませんね。

 

いろいろ食材を挙げましたが、
夏バテには旬の食材が一番です。

夏の光を十分に浴びた食材には、栄養がたくさんです。

上手く食事に取り入れて、夏バテを克服しましょう!

 

Sponsored Links

コメントを残す