しめじの栄養やカロリーは加熱・冷凍で変わる!?種類別では?

                         しめじの画像

きのこ類はカロリーが低く
ダイエット中の食事によい食材ですね。

実際のカロリーはご存知ですか?

ダイエットには食材のカロリーを
ある程度把握しておくと困りません。

今回注目するのは「しめじ
栄養やカロリーなどについてみていきたいと思います。

 Sponsored Links


しめじのカロリーはどれくらい?その栄養効果や効能は?

しめじのカロリーは100gで
たった14kcalしかありません。

ダイエット食材としての人気の高さも納得ですね!

腹持ちもよくダイエット中でも
ご飯にたっぷり混ぜ込んで
しめじの炊込みご飯などにすれば

お米のカロリーを控えることができ
おすすめの使い方です。

 

さて、どんな栄養を含んでいて、
どんな効能を持っているのでしょうか?

「本しめじ」の特筆すべき栄養

ナイアシン 27mg
ビタミンB2 1.5mg
葉酸 114μg
ビタミンD 12μg

などビタミン類やミネラルを
バランスよく含んでいます。

白や緑色のしめじってカビ!?食べられるの?

 

ナイアシンビタミンB2は、
皮膚や粘膜の健康維持に作用する他、

糖質や脂質・たんぱく質を
体の中でエネルギーに変えるといった
代謝を支える大切な栄養素です。

また、重労働の方などはB2を多く摂ると、
疲れにくい体を作ることができます。

 

葉酸は女性にとって大切な成分で、
細胞を作る際に必要なDNAなどを合成する
とても重要な役割があり、

特に妊娠前から摂取することで
胎児の先天性異常を予防できるとしており、

厚生労働省では妊娠を考えている女性は、
1日0.4mg(400μg)の摂取を呼びかけています。

妊婦の葉酸摂取時期はいつから?過剰摂取の影響は?

 

しめじは100g葉酸114μgも保有しており、
1日に必要な摂取量の約1/4を補う事ができます。

他の葉酸の多い食材やサプリメントなどと
合わせて摂取する様にしましょう!

 Sponsored Links

しめじは加熱や冷凍するとカロリーが変わる!?

しめじは加熱をすると
カロリーが3kcalほど上がります。

それほど気になるものではありませんが、
料理をする際に注意したい事が
「油の吸収がよい」という面。

その為せっかくローカロリーなのに、
調理方法によってはグーンとカロリーアップ
繋がってしまう事もあります。

 

また、一度冷凍をすると
うまみ成分である「アミノ酸」が上がり、

生で食べるよりも料理にコクが出て
うまみがアップしますので

保存するなら冷凍保存をおすすめします。

冷凍しめじが臭い原因は?変色を防ぐ保存方法は?

 

しめじの種類別でもカロリーは違ってくるの?

しめじには、本しめじ以外にもいくつか種類があり、
100gのカロリーは以下の通り。

・ハタケシメジ 18kcal
・ブナシメジ  18kcal

 

ブナシメジは見た目が本しめじと、とても似ています。

中には「ひらたけしめじ」なんてものもありますが、
本来のしめじ類とは異なり

「ひらたけ」をしめじの様に
栽培していることからそう呼ばれています。

 

いずれもカロリーが低いので
上手に料理に取り入れれば
ダイエット中の強い味方になります。

 

Sponsored Links

コメントを残す