スニーカーのカビや臭いに!重曹を使ったつけおき洗い方法と注意点

                         27c851ff7f903a6b5b04149d8d97c410_s

雪が溶け、春の訪れを感じられる時期、
おしゃれなスニーカーの出番です!

そう思って靴箱から出すと
汚れや臭い、黄ばみなど・・・。

このような経験はありませんか?
靴の洗濯は面倒だな・・・そんな時は重曹です。

今回は重曹を使用したスニーカーの
掃除やメンテナンス方法をご紹介します。

 Sponsored Links


臭いも取れる!重曹を使ったスニーカーのつけおき洗い方法

重曹は100均やドラッグストア、スーパーなど
どこにでも売っており、最近ではお掃除グッズに
欠かさせないものになってきています。

重曹には弱アルカリ性で溶けにくく研磨剤にもなっており、
吸着して酸性の皮脂汚れを落とす力があります。

そして消臭効果もあり汗の臭いも撃退!

 

つけおき洗いの方法はこちら!

1.バケツにスニーカーがつかる位の量で、
  40~45度のお湯を用意

2.重曹をお湯1Lあたり大さじ4杯を目安に入れる

3.洗濯用洗剤を重曹と同じ量で入れる

4.スニーカーの泥、ほこりを落としてからお湯の中へ入れる

5.30分~1時間つけおき

6.スニーカーを取り出したら
  重曹ペーストを歯ブラシなどにつけて研磨

7.水でよくすすいで、日の当たる場所に干す

※重曹ペーストは、重曹:洗剤=1:1
 もしくは重曹:水=3:1で作成

このやり方でスニーカーの汚れはだいぶ落ちます!

 

汚れ落としの基本は中和させること!

注意点として・・・
・重曹は水には溶けにくいのでお湯で溶かすことが必要。
・重曹水は手が荒れやすいので手袋を着用。
・重曹ペーストは耳たぶくらいの塊になるように調合すること。

ブーツの素材別の洗い方や手入れ方法!

 Sponsored Links

スニーカーのカビもオキシドールと重曹で!

つけおき洗いが面倒くさい!
そんな方にはこちらの方法が合いそうです。

オキシドールは過酸化水素水のことで、
たんぱく質を分解し皮脂・油汚れを漂白する作用があります。

カビの栄養分となる皮脂汚れをなくし、
カビの動きを少なくします。

 

重曹とオキシドールを使ったカビ取り方法は
大さじで重曹:オキシ:水=1:1/2:1/2でペーストを作ります。

次にペーストを汚れに塗り付け、
日の当たる場所で新聞紙の上に3時間放置!
なるべく風が強いところは避けましょう。

ペーストが乾いてきたらはがすと
汚れが落ち、白さを取り戻すことができます。

 

風が強いところに放置すると
ペーストが粉々に乾ききって飛んでしまうので注意!

他にもペーストを落とす際は
中途半端には落とさずにしっかり落としましょう。

スニーカーでク重曹洗濯後に黄ばみから守る一手間

重曹は弱アルカリ性で洗濯用洗剤もアルカリ性

これらがスニーカーの生地に残っていると、
次にスニーカーを見たときに黄ばみと出会ってしまいます。

汚れ落としの基本は中和!

アルカリ性の重曹の洗い残しを
酸性のクエン酸で中和させることで白さを守ります

 

その方法は、まずぬるま湯に15分つけおきします。

その後、中性洗剤(もしくは重曹ペースト)で洗い、
よくすすぎます。

水:酢=バケツ1杯:200㏄の割合で
クエン酸水を作成し2~3時間つけこみます

最後に酢の匂いが落ちるまですすげば完了です。

 

洗剤でつけおき洗いした後も
つけおきでやや面倒くさいですが、
黄ばみをとことん落としたい方には
この方法がより白さを保つ管理方法になります。

重曹を使えば簡単にスニーカーの白さが取り戻せます。

身近なものを使って汚れを落とし、
一度これらの方法を試してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Links

コメントを残す