期限切れのウインナーはいつまで食べれる?腐ってるか見分け方は?

                         abe0afc1d29e010324404a3c08fcbae6_s

調理法が幅広く色々と使えるウインナー。

特売などお得に購入できる時に、まとめ買いをしているという方も少なくないのではないでしょうか?

ウインナーでまとめ買いをした時に気を付けなければならないのが期限切れです。

うっかり期限切れをむかえてしまった場合、食べても問題ないのか心配ですよね。

そこで今回は、期限切れのウインナーを食べることはできるのか?
腐るとどうなるのかについてご紹介します。

 Sponsored Links


期限切れのウインナーはいつまで食べられるの?

ウインナーは添加物などが含まれているため、期限切れのウインナーを食べても安全か判断が難しいことがあります。

未開封で数日の期限切れであれば、品質としてはほぼ期限内と同等と考えて問題なく、概ね5日以内であれば顕著な品質の劣化はないと言われています。

 

もしもウインナーの期限が1週間ほど切れてしまっていた場合、状態を確認し悪くなっていなければ食べても問題はないと言われています。

ただし加熱は必須となるため、非加熱で食べられるウインナーであっても加熱をしてから食べるようにしましょう。

 

ウインナーの期限が1ヶ月ほど切れてしまっていたらどうなのでしょうか?

実はウインナーの場合、1ヶ月ほどの期限切れをしていても状態が悪くなければ、しっかりと加熱することで食べられると言われています。

ウインナーの水分が結露し袋に水がついてしまう現象が起きているかもしれませんが、その水滴が白濁していたり糸をひいていなければ腐っていないので食べることが可能です。

 

しかし品質としては低下しているため、よくよく状態を確認してから食べるようにし、安全面で心配という場合は廃棄がおすすめです。

2ヶ月ほど期限切れしてしまっているウインナーは、食べるには危険ですのですみやかに廃棄しましょう。

ウインナー1本に含まれるカロリーや糖質、栄養は?

 

 Sponsored Links

期限切れウインナーは腐るとどうなる?見分け方は?

期限切れのウインナーは腐るとどうなるのか?

 

・異臭

ウインナーの原料である肉には多くのタンパク質が含まれていますが、腐ることで硫化水素やアンモニアが発生し異臭を放ちます。

そのため期限切れのウインナーから硫黄のようなニオイや鼻をつく酸っぱいニオイがした場合、そのウインナーは腐っている状態となっています。

 

・ぬめり

ウインナーの表面は水分がつきやすいがために外側から腐っていく傾向があり、その場合ぬめりが発生します。

腐敗が進むと糸をひく状態になり、袋についた水滴が白濁するため見た目で腐っていることがわかるため、この状態になっていたらすぐに廃棄しましょう。

 

・カビ

食品が腐ることで起こる現象にカビが生えることが挙げられますが、ウインナーも例外ではありません。

カビの胞子は常に空気中に漂っているため、湿度や酸素などカビが好む条件がそろうことで発生していきます。

 

カビは根を張り巡らせているため、カビの部分だけを取り除いても摂取してしまう可能性があります。

アレルギーやガンなどを引き起こす恐れもあるため食べないことがおすすめです。

 

・溶ける

腐敗がさらに進んでいくと、ドロドロに溶けていきニオイも強烈になります。

危険ですのですぐに廃棄しましょう。

 

期限切れのウインナーが食べられるか見分ける場合は、このような状態になっていないかよく確認してから食べましょう。

 Sponsored Links




ウインナーの賞味期限はどのくらい?

そもそもウインナーの賞味期限とはどれくらいなのか、3つのケースで確認していきましょう。

 

未開封

未開封のウインナーの一般的な賞味期限は、冷蔵保存で約3週間となっています。

ポイントは冷蔵保存する際の温度で、市販のウインナーのほとんどが「4度以下」か「10度以下」で保存するよう記載されています。

 

10度以下の場合、家庭用冷蔵庫の温度は3~5度で設定されているため、温度が上がりやすいドアポケット以外の場所であれば問題ありません。

4度以下の場合はチルドルームやパーシャル室など、冷蔵庫内でも0度に近い場所での保存が必要です。

 

開封済

開封してしまうとウインナーが空気に触れ微生物が付着し腐っていく元凶となるため、5日以内に消費することがおすすめです。

それだけでなく、開封することでウインナーの脂質が酸化し味の劣化へと繋がっていくため、賞味期限内であっても早めに食べてしまいしょう。

 

冷凍

冷凍することで最近の増殖を抑えることができるため、長期的に保存したい場合におすすめの方法です。

ウインナーを冷凍した場合は、1ヶ月程度で消費することがおすすめです。

長く放置することで冷凍焼けを起こし、風味が落ちてしまいます。

 

冷凍する際は小分けにし空気に触れないようピッタリとラップで包んだ後、密封袋に入れ金属トレイにのせ急速冷凍させると良いでしょう。

調理前日に冷蔵庫に移しゆっくり時間をかけて解凍させると、肉汁が流れることを防ぐことができます。

 

ウインナーはある程度の期限切れであれば、状態を確認ししっかり加熱した上で食べることができますが、正しく保存し状況に合わせた消費の仕方をしましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す