送り火、迎え火の意味!日にちはいつからいつまで?

                         A715okuribi_2

もうすぐ夏休み!
社会人にとっての夏休みはお盆休みですよね。

夏といえば「お盆」というのが
日本人にとっては当たり前のことになっています。

多くの人が実家に帰省し、
お墓参りに行ったり法事があったり・・・
送り火や迎え火などもありますね。

 

核家族化が進み、お仏壇のない家庭も増えている今、
そのような行事についてあまりよくわからないという人も多いのでは?

ここでは、お盆の行事の一つである
送り火と迎え火について解説していきたいと思います。

 Sponsored Links


送り火、迎え火の日にちはいつからいつまで?

まず、送り火、迎え火は簡単に言うと
祖先の霊が煙に乗って戻ってくるために
行われる行事のことです。

 

その期間というのが、ちょっと曖昧だったりしますよね。

これは、地域によって少し違いがあるのと、
お盆休みの期間と混同してしまうからでしょう。

 

旧暦の7月15日を中心とし、13日~16日がお盆の期間です。
これは現在の新暦では8月13日~16日に当たります。

東京や横浜の一部では、現在も7月に
お盆の行事を行うそうですが、
多くの人がお盆といえば8月を考えると思います。

 

7月であれ8月であれ、

13日が迎え火(お盆入り)

16日が送り火(盆送り)になっています。

一般的に14、15日に供養の法要(法事)などを行います。

新盆の意味や時期はいつ?初盆と違うの?

迎え火・送り火とは?どんな意味があるの?

お盆は要するに亡くなった祖先を迎える時期です。

13日の盆入りに祖先の霊が帰ってくると言われています。
そこで、火を灯して祖先を迎えるというのが迎え火なのです。

家の玄関などで、オガラという皮をはいだ
麻の茎を折って積み重ね、燃やします。

その煙に乗って先祖の精霊が家に戻ってくるというわけです。

そして、16日の盆明けに、迎え火と同じように火を焚いて、
祖先の精霊を帰すのが送り火ということになります。

 

送り火というと、京都の「五山送り火」が有名ですね。
これは送り火が大きな行事として成り立ったものです。

また、送り火として船に明かりを灯し、
川や海に流す「精霊流し」という行事も一部の地域で行われています。

 

これもお盆の時期にはテレビなどでよく見かける光景ですよね。
お盆の伝統行事は、送り火や迎え火以外にも地域によって色々あります。

お盆には、このように各地で
送り火や迎え火にちなんだ行事が行われています。

 

ちなみに、夏祭りの定番である打ち上げ花火
元々は、送り火と同じ精霊送りの行事だったそうです

夏に火に関する行事が多いのは、送り火に由来しているからなんですね。

 Sponsored Links

送り火、迎え火は宗派によって違うの?

迎え火も送り火は、
宗派や地域によってその方法は様々です。

特徴的な例としては、
浄土真宗は迎え火も送り火も行いません

基本的に、浄土真宗の教えでは
祖先は浄土で仏様になっているので、
精霊として帰ってくるなどという考え方がそもそもないからです。

 

もちろん祖先を尊ぶということに関しては
変わりないですが、他の宗派とは少し違いますね。

自分の宗派が何なのか知らない人も多いと思います。
お盆で帰省し、家族が集まる機会に聞いてみるのもいいですね。

 

迎え火も送り火のやり方がわからない・・・
これであっているのか?

などきちんと執り行おうと思うと結構大変ですよね。

 

しかし、大事なのは祖先、亡くなった家族や
親類のことを思い出し、今の自分がある
有り難さを再認識することです。

亡くなった人のことを想う心が一番重要なんです。
それを形にしたのがお盆ということですね。

 

忙しい日常を送っている方も、
お盆くらいは少し休んで、

家族のこと、自分のことを振り返ってみるといいですよ。

日本の素晴らしい文化の一つです。

Sponsored Links

コメントを残す