みょうがの保存方法と期間!冷凍は食感が悪い!?塩漬けや甘酢は?

                         ミョウガの酢漬け

幅広く料理に香りや食感を添えるみょうが

旬を迎えると手頃な価格で手に入り、
中にはたくさん頂いたりする事も。

いっぺんに使いきれなかった場合は
保存をしなければなりません。

美味しく食べられる様に、
みょうがの正しい保存方法をご紹介します!

 Sponsored Links


みょうがの保存方法と期間は?冷凍だと食感が変わる?

みょうがの保存方法は生産者に聞くのが一番!
ということで聞いてみました。

みょうがは冷凍保存が出来る野菜で、

綺麗に洗って水気をしっかりと拭き取った上で
タッパーやフリーザーバッグに入れて冷凍します。

水気がきちんと拭き取れていないまま
冷凍するとその部分から痛みます。

 

頻繁に使う場合には料理用途によって刻んだり
カットしてから冷凍した方が便利です。

使用する場合は自然解凍し、
お味噌汁などで使う場合は凍ったままでも。

冷凍保存1~2ヶ月が目処です。

みょうがの栄養や効能!食べ過ぎはバカになる!?


 

3~4日で使い切れる場合は冷蔵で。

濡らした新聞紙やキッチンペーパーに
包んでタッパーもしくは保存袋へ。

水をはったタッパーに入れて
毎日水を変えながらの保存なら10日を目処に。

 

食感の面でいえばやはり新鮮なうちが美味しく、
日に日に香りや食感も失われます。

冷凍は特に他の野菜も同様ですが、
食感を保ったままの保存は難しいです。

みょうがの切り方!薬味やそうめんには?

 Sponsored Links

みょうがの長期保存には塩漬けが1番!?

みょうがの長期保存には
漬物のしてしまうのが一番。

実は我が家でもこの方法で保存しています。

そこで塩分の抗菌作用を利用した
塩漬けをおすすめします。

そのままや刻んでお料理のアクセントなどで
使い回しが出来る方法です。

 

塩漬けはみょうがをご用意。

1対1の割合で保存容器で冷蔵保存や、
瓶などであれば陽が当らず涼しい冷暗室などで保存。

保存期間半年~1年ほど。

使用する場合は塩味をいかすならそのまま、
少し塩辛さを感じる場合は塩出しして使います。

甘酢を使ったみょうがの保存方法は??

甘酸っぱい味やピクルスが
お好みの方は酢漬けもおすすめです。

一番簡単な方法としては、
らっきょを漬ける際に使う”らっきょう酢”

時期的にスーパーで並んでいない場合は
通年並んでいる”すし酢”でも代用出来ます。

らっきょう酢の作り方!再利用は?

 

甘さが足りなければお砂糖を
甘過ぎる場合はお酢を足して調整しましょう。

鷹の爪を好みでたしても構いません。

保存期間1~2ヶ月ほど。

 

細かく刻んでごはんに混ぜたり、
そのご飯をお稲荷さんや巻き寿司、
ちらし寿司のご飯としても美味しいです。

他にも箸休めや他の具材を足して
酢の物や、ソースのアクセントにもなり、

様々な用途に使えます!

 

いかがでしたでしょうか?

まとめると、シャキシャキ食感で
食べたい場合は短期間冷蔵庫での保存

風味をある程度で楽しみたい場合は
冷凍や塩漬け・甘酢漬けといった

食べ方によって保存を変えるといいと思います。

 

Sponsored Links

コメントを残す